2017年04月05日

5年半にわたるご愛顧ありがとうございました。

2011年12月より5年半お世話になった大船渡屋台村ですが、
いよいよ4月末をもちまして終了解散となります。
(一部の店舗につきましては4月末に開店する本設店舗の準備のために、すでに閉店させていただいております)

この間本当に多くの皆様のご支援を賜りましたこと
改めて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

「美味しい楽しい元気の町へようこそ!」と看板を掲げ瓦礫の原っぱにオープンした屋台村
計画当初はそんなところに客が来るはずがないといわれたこともありましたが、
始めてみると初年度から約10万人のお客様にご利用いただくことが出来ました。
日本中世界中から集まってくれたボランティアの皆さん、復旧工事関係の皆さん、そして地元の皆さん。
多くの皆さんにご利用いただくことで、津波で職場を失った店主たちは、生業を得ることが出来ました。

そしてたくさんの出会いがこの場所で生まれました。
ちいさなカウンターだけの店で肩寄せ合ううちに親しくなり友達となる。
この出会いはきっとこれからの大船渡の復興の礎となることだったのだと思います
私自身この屋台村での出会いから新しい事業に取り組むことになりました。

一方でこの間に半数近くの店が入れ替わりました。
もう十分働いたと店を閉め隠居された方も何人かありました。
津波で流された店の借金を完済した店主もありました。
其々の人生に大きな足跡を残した屋台村であったと思います。

屋台村が解散した後は、各人また新しい挑戦が始まります。
この6年間の経験を活かしきっと良い店を作られることでしょう。
どうぞ末永く気にかけてくださいますようお願い申し上げます。

4月29日には、屋台村のすぐ近くに新しい町がお目見えします。
飲食店だけでなく新鮮な海産物はじめショッピングゾーンもございます。
屋台村お祭り広場同様にLIVEイベントのできるステージも設置されます。

新しく大きくなった「美味しい楽しい元気の町 大船渡」へ是非お出かけくださいませ!



  

2015年07月17日

7月20日live開催 ”ながいよう””い・ちすん”

7月20日 18時くらいから

会場:大船渡屋台村おまつり広場
出演:ながいよう、イ・チスン
チャージ:無料

昨年に続いて、ながいさんとガンちゃん(イ・チスン)の登場です
フォーク世代にはたまらないレジェンドながいさん&いま大阪ブルースシーンでもっとも熱い歌を聞かせてくれると評判のイ・チスン(ガンちゃん) 音楽好きのあなた!お聴き逃しなく

■ながいようさん・・Wikipediaより転載
1970年、西岡恭蔵・大塚まさじらとザ・ディラン結成。リードギター・サイドボーカルを担当。 1971年、大塚まさじとザ・ディランII結成。 同年暮ファースト・アルバム「昨日の想い出に別れをつげるんだもの」(URCレコード)をリリース。 その後古川豪のファースト・アルバムをプロデュースしたり、三上寛のアルバム「BANG!」(1974年、URC)で山下洋輔と共演したりする。 1974年12月、ザ・ディランⅡ解散。

1975年、西岡たかし・中川イサト・金森幸介と五つの赤い風船'75を結成。アルバム1枚、シングル1枚を発表し全国ツアーの後、1976年解散。 1977年、1928B.B.結成。同年の春一番コンサートで演奏した「雨」がライブ盤に収録される。





  

Posted by amikainushi at 08:13Comments(28)TrackBack(0)

2015年04月23日

2014年12月31日

明けましておめでとう御座います




お陰様でオープン4年目に入ります。店主一同、応援、ご支援頂きました皆様に感謝と尚一層精進し美味しい楽しい屋台村を目指します。ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。  

Posted by amikainushi at 13:51Comments(31)TrackBack(0)

2014年12月13日

お陰様で三周年




12月19日(金)〜21日(日)の3日間、、店主一同感謝を込めて、、ご飲食合計より30%引きにてご招待いたします。皆様お誘い合わせてのご来村お待ち申し上げます。   

Posted by amikainushi at 22:24Comments(28)TrackBack(0)

2014年04月10日

出店者募集のお知らせ

大船渡屋台村事務局からのお知らせです。

大船渡屋台村では出店者を募集します。

【募集要項】

・応募期間/4月10日(木)~4月20日(日)
          4月20日締め切りです。履歴書を持参の上、下記まで提出ください。
          その後、4月25日(金)までに事業計画書をご提出願います。

・業種/麺類を主として提供できる方

・面接/4月29日(火)午後1時~ 大船渡屋台村


ラーメンやうどんなど、麺類に自信がある方。
大船渡屋台村で飲食店経営にチャレンジしてみたい方。
とにかくやる気のある方を募集します!!

大船渡を盛り上げ、大船渡屋台村の一員になっていただける方をお待ちしております。

・連絡先および書類提出先
  大船渡屋台村事務局(オーシャンビュー丸森内)
  090-3362-7712(担当:及川)

  

2013年08月29日

ゲリラライブ!!!

緊急情報!!!

なにやら今夜、アモーレ猪熊ことAKIRAが、アモーレの原型となっているアーチストと

ともに、屋台村ステージでゲリラライブをやるらしい!!!

まだまだ、屋台村は熱いぜぃ。。。



  

2013年07月16日

ベアレンビールで夕涼みIN大船渡屋台村

各店舗にて、お得な前売りチケット発売していますので、

お早めにご購入を!!

漁師の牡蠣小屋もお祭り広場に出店します。。。

皆様のお越しをお待ちしています!!





  

2013年07月09日

涼風コンサート開催します!!

暑いなら暑いなりに、熱くなりましょう!!

またまたやってきますよ!

屋台村で絶大な人気を誇ります、アモーレ猪熊ちゃん。  

今回は、「AKIRA」としてソロで昭和歌謡を熱唱します。

みんな、お祭り広場に集合!!





  

2012年09月02日

津波防災学習ツアー 準備中

< あの日、いままで、これから 大船渡中心商店街復興への取り組み >


現在 防災学習ツアーはスタッフ不足のため実施できないこともございます。お問い合わせいただいたうえで残念ながらお断りする場合もございます。
歩いて体感!津波防災&街づくりチャリティツアー by大船渡屋台村

【 開催要項 】

■企画趣旨
人的にも経済的にも甚大な被害を被った大船渡市中心市街地(JR大船渡駅周辺)、あの日この場所で何が起こったのか、一年間どのように復旧してきたのか、いま何をめざしどのような活動が行われているのか。被災・復旧・復興の現場を徒歩でめぐりながら解説させていただきます。
本ツアーの収益金は、ボランティアガイドの日当分を除き、有限責任事業組合大船渡屋台村の運営費用として各種イベントや情報発信に活用させていただきます。

■お伝えできること
・大津波の実態
・被災者として、津波にどう備えるべきと今考えているか
・被災当日から数日間の実際
・津波想定地域での生活仕事について私見
・津波災害から復興へ大船渡屋台村の活動
・その他

■コースの特徴
・各ポイントで充分な説明時間を設けて、ゆっくりと全長1.2キロメートルを90分ほどのコースです。
・かつての大船渡市商業の中心地、現在は大船渡屋台村、夢商店街らが復興に向けて活発に活動、被災者による手作り品や地域の特産品、グルメも楽しめます
・あの時多くの人々が難を逃れた加茂神社では度重なる大船渡地域の津波被災の歴史を学びます
・コースのはじめに屋台村事務所棟(冷暖房完備)にてスライドや動画を使ったセミナーで事前学習をしていただけます。

■コース順路
大船渡屋台村⇒チリ地震津波到達点プレート⇒加茂神社⇒旧商店街通り⇒大船渡駅⇒時計⇒さいとう製菓⇒夢商店街⇒屋台村帰着

■応募方法
1.催行人員:2名以上5名以下。 お一人でお申込みの場合は、他のグループと同行とさせていただきます。
        5名以上の場合は、案内スタッフを人数に合わせて増員いたします。
2.対象
 (1)地方自治体防災担当者、議員団、商工会議所、商工会、教職員、消防署員・・・など地域防災にかかわる
 (2)大学等研究機関
 (3)各種サークル、個人、ご家族で
 

2.応募方法:お問い合わせフォームからメールでお問い合わせください。

3.参加費用:2000円/1人 お買い物飲食代金等は各個人負担

4.キャンセル:キャンセルは前日までにご連絡ください。期限を過ぎてのキャンセルの場合は参加費用の半額をお支払いいただくことになります。

5.雨天決行:雨傘・合羽・長靴あり。

6.大船渡での宿泊ほか
  お問い合わせください。



  

2012年09月01日

水害の大分県中津市耶馬渓から写真が届きました


この夏、大分県中津市耶馬渓下郷地区は、豪雨により山国川が氾濫し大きな被害にあわれました。




子供たちが楽しみにしていたイベントやお祭りもすべて中止。

夏休み最後の8月31日に、せめて一日くらい夏休みらしくと『Smileフェスタ』が催されました。










復旧作業はまだまだのようですが、大変な状況の中で、子供たちには心に残る一日だったに違いありません。



中津市には、大船渡屋台村設立をご支援いただいた、スーパー細川さんの地元です。




※写真右側が細川社長



細川社長さんから災害の様子を伝え聞いた屋台村店主たち

何かさせていただきたい・・・

ということで、各店5000円の寄付をお送りさせていただきました。




自然災害は何時何処でも起こりうることです。

大船渡も他の被災地の皆さんも思い一つに前向きに進んで行きたいものです。






  

Posted by amikainushi at 20:25Comments(29)TrackBack(0)日記

2012年03月14日

お祭り広場にてライブを行います!

 ☆★☆★☆3月19日(月)午後6時ライブスタート☆★☆★☆





アルゼンチン・フォルクローレ♪   
懐かしの昭和歌謡♪   
津軽三味線♪

3組のコラボレーションで楽しいライブイベントです。 お気軽にお越しください!!
  

Posted by amikainushi at 07:48Comments(28)TrackBack(0)

2012年02月22日

IBC岩手放送 じゃじゃじゃTV 岩手の希望の力スペシャル

 2月22日、今日の19:00~19:45にIBC岩手放送 じゃじゃじゃTV 岩手の希望の力スペシャル(岩手県 県政広報番組)で大船渡屋台村が取り上げられます。
 「なりわいの再生」ということで、大船渡の水産業の復興と商業の復興が取り上げられ、商業の復興の部分で大船渡屋台村の様子がオンエアされます。
 「飲食店の復興をきっかけに、地域の活力を取り戻したい」
 大船渡屋台村のこの思いが皆さんに伝われば・・・と思います。

   

2012年02月20日

真相報道 バンキシャ

大船渡屋台村を応援していただいている皆様

昨夜の「真相報道 バンキシャ」はご覧になっていただけたでしょうか?
今回の大船渡屋台村の特集では80を過ぎたおばあちゃんと娘さんが初めての飲食店にチャレンジした
「えんがわ」と、震災で店を流され、瓦礫撤去のアルバイトをしながら再開の日を迎えた「おや爺」が
紹介されました。
それ以外のお店も、みんなそれぞれのストーリーがあります。

テレビでご紹介しきれなかった分は、ぜひ大船渡屋台村にいらして、直接店主たちに聞いてください。
20店それぞれのストーリー。
そして、事務局のストーリー。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

そして、取材をしてくださった日本テレビの皆様、本当にありがとうございます。  

2012年02月19日

本日放映! 日本テレビ 真相報道バンキシャ

大船渡屋台村を応援いただいている皆様へ


本日放映予定

2012年2月19日18:00~ 

日本テレビ 真相報道バンキシャ 



※報道番組ですので直前まで放映の予告が出来なかったことを許しください。




  

2012年02月16日

ペイントしていただける方募集します!!

男子と女子の厠(トイレ)ペイント募集。

屋台村がオープンして、約2か月が過ぎました。
これまで多くのお客様にご来店くださり支えて頂きました。感謝感謝です。

オープンして様々な事が見えてきたり、問題点や課題もまだまだあります。
屋台村は、旨いものを食べて、旨い酒を酌み交わす、コミニケーショんの場です。

で…。お酒が入って気分も上々、楽しいひと時の合間に、やはりトイレに行きたくなります。

ところが、素面の時はトイレの場所は分っていても、ついついお酒がすすむと・・・
トイレの場所も男子トイレなのか女子トイレなのかも、わからなくなる方が意外と多いのです。

そこで、一目で 男子トイレ!! 女子トイレ!! ってわかるようにしなければなりませんが、
シールを貼っただけでは・・・、と思い これぞ、厠!! という奇抜なペイントをしていただける方を
募集したいと思います。 


詳しくはメールにてお問い合わせくださいませ。
よろしくお願いします。

大船渡屋台村有限責任事業組合 事務局まで







  

Posted by amikainushi at 17:53Comments(24)TrackBack(0)

2012年02月15日

バンキシャ!

大船渡屋台村を応援して下さっている皆さま!
サポータとして応援しているけど、まだ大船渡に行ったことないという方も多いかと思います。
そんな皆さまに、やっとわたしたちの姿をお伝えすることができます。

2/19(日)日本テレビ系列の「バンキシャ」で大船渡屋台村の特集が放送されます!
昨年のオープン前から、ずっと取材をしていただいていたのですが・・・
昨年末から屋台村の特集を吹っ飛ばすような大事件などが続いたため、なかなか放送に至らずにヤキモキしていました。
わたしたちの姿を伝えたい、ご支援していただいた皆さまに映像として見ていただきたいとずっと思っていたのです。

どうぞ、19日の夕方はテレビの前でわたしたちの姿をご覧になってください。
お出かけのご予定がある方は録画をお忘れなく!

オープン前のドタバタ劇、オープンしてからのてんてこ舞い。
そんな姿を見て、笑っていただきたいものです。

この場をお借りして、改めて皆さまに御礼を述べさせていただきたいと思います。
おかげさまで大船渡屋台村は元気に営業をしています。
まだまだ至らぬわたしたちですが、皆さまのご支援に感謝しながら、大船渡を元気にするために頑張ってまいります。
本当にありがとうございます!!!

  

2012年02月10日

なにわ屋テレビ出演

岩手県内の皆さんにお知らせです。

本日、岩手朝日放送の夕方のニュースでなにわ屋さんが取り上げられるそうです。
細かい時間はわかりかねますが・・・
ぜひ見てください!  

2012年02月01日

岩日リビングun

1月27日発行の岩手日日新聞社「リビングun」で、大船渡屋台村が取り上げられました。

発行は岩手県内内陸南部と大船渡市をはじめとする気仙地域です。

屋台村を作った経緯・夢などを大船渡屋台村村長が熱く語っています。

  

2011年11月03日

着工!

今日は臨時の屋台村店主会議と現地視察がありました。

 まずは会議の様子から。
 各店主さんにブログを作ってもらうことにしました。
 自分の携帯メールアドレスもわからない!って人もいたのでブログの新規登録も大騒ぎ。
 IDとパスワードについての説明から始まり、1人ずつ登録して・・・なんとかブログの新規登録はほとんど終わりました。
 あとはみんなが無事にブログの更新の仕方を覚えてくれれば!という感じです。

 そのあとは数日前から工事が始まった現地視察。
 地縄が張られ、業者さんが入ったのです。
 長い道のりでした。
 最初の予定では11月にはオープンできそうだったのですが、中小機構も多くの被災地から多くの要望があり、なかなか前に進まなかったのです。
 工事が着工されたことでなんとか年内には屋台村がオープンできそうになりました。
 現地を視察した店主さんたちの笑顔。
 「まだイメージわかないね~」などといいながら現地で30分ほど視察をしてきました。
 



 記念にみんなで撮った写真です。
 浸水域の瓦礫を撤去しただけの更地ですが、夢と希望の詰まった場所になりますように。  

Posted by amikainushi at 09:39Comments(31)TrackBack(0)日記